もう春ですねー

私としては花粉の季節なのでなんか暖かくなる喜びが半減するんですが、、

今年はあんまり症状なくてありがたやーって思ってたら昨日から目のカユミが勃発してきて可哀想な充血状態です。

生理食塩水作って洗い流しやさしくマッサージしてあげるとちょっと治まるので今年はこれで頑張ります~

衛益顆粒という漢方薬は飲んでます。

体を保護する気が増えて粘膜を強くしてくれるもので私の体質には合ってます

春は気が上に上がろう上がろうとします。

色んなものが成長したがって上へ上へと。

草木も伸びようとしますし。

まさしく東洋医学で言う木(肝、胆)の季節

これを良い状態に抑えようとするのが金(肺、大腸)の役割です。斧で伸びすぎた木を切るイメージですね。

金は呼吸器系(肺や鼻や皮膚なども管轄です)

だから呼吸器系が頑張って働かなくてはならないこの季節、そこらへんの機能が疲れて症状が出ます。

症状を抑える薬を飲むより、症状が出にくい体を目指してよく寝る、食べすぎず栄養をしっかりとる、ストレスを減らす努力、自己管理が本当にモノを言います。

さて、春なので私も少し成長したいなと思い始めてます。

私事ながら末っ子が高校を卒業し、なんかやれやれ自分の学びたい事がアレコレ出てきて。

旦那が亡くなって6年ちょっと。

開業して知らん間に5年経ちました。

子供のそばにいてあげたいと家で仕事をして来ましたが、子供たちももうそんな歳じゃなくなりました(笑)

そろそろ芽吹いたものに肥やしや水を与えて伸ばして行ってもいい頃なのかなとも思うようになってます。

もし、整体というこの仕事から離れる事があるならば、早めにお知らせします。

例えそうなっても色々学び、本当の健康に暮らすという事が何なのかをお知らせして行ける事を何らかの形で続けて行ければなとは思っています。

楽になった、体が軽くなった

その言葉に今まで自己満足してきたと思います。

でもそれは「今の私」の求めているものではもはやない。

そんな他力本願じゃなくて、自力で健康になりたいけどどうしたらいいのか又は詰まっているモノを取り除く事で後は免疫力が頑張ってくれる、そういう事を最終目標にしたかったなと。

そういうお客様をたくさん見てきただけに。。

もちろん体は絶対使っている限りメンテナンス必要です。

でも好きなだけ好きなものを食べて夜更かしして、ストレスのある環境から逃れることも無く、炎症を起こしている筋肉や関節を酷使し続ける、などなどそのままで果たして体が改善するかと言えば、私はNoだと思うのです。

治して〜という他力本願だけではその場凌ぎにしかならない

いやいや、そういう為の仕事でしょと思われるかもしれません。

私もそう思います。

だからこそそこには居たくない岩本という個人が生まれてきています。

厳しく優しい世界です。東洋医学

残りの人生その厳しく優しい世界を体感して行きたい。

教科書ではなく、自分の体で感じ取ってみたいなと。

時は金なり

時はお金には変えられない大切なもの

今の心境はそんなところです。